2011年12月01日

産婦人科その5:定期検査

行ったのはもう2週間前だけど。定期検診。
いつもの項目に加えて、百日咳のワクチンを打ってきました。
お医者さんの説明によると
「現在アメリカ全土で流行していて、感染するとやっかい。
 赤ちゃんは産まれてから3ヶ月まではワクチンが打てない、
 今のうちに母体に打っておいて母子ともに免疫をつけることをオススメする」
とのことでした。
サイン後、プスッと筋肉注射。
前回のインフルエンザショットのあとは熱が出たけど今回は平気でした!
「熱出たら解熱剤飲んでね〜」
と言ってたなー。初診の時に妊婦が飲んでいい市販薬リストは貰ってあるのです。

今回は超音波してもらえると思ってたけど、なくて残念。
日本だと毎回してもらえるのになーとちょっと不満に思ってしまう。
超音波がない=中の人の体重や大きさ・向き諸々がわからない ということなので。
この検診の前日に、産んでみたらまさかの男の子!性別ドンデン返し!!という夢を見たのでそっちが心配だったりもします。

次の検診は明日。超音波あるかなー。期待はしないでおこう。




posted by えむ at 09:46| Comment(0) | アメリカで妊娠〜育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。