2013年01月22日

部屋とインフルエンザと娘とルンバと私(育児の愚痴です)‏

DPP07DD0115162C48_TN.jpg

娘がインフルエンザになってました。
辛かった……家から出られないことが。
娘本人はAdvil(アメリカで有名な解熱剤)とタミフルですぐ元気になったし、心配するようなことは何もなかったのは幸いだったのだけど、なにしろずっと家にいるもんだから間が持たない。
ひとり遊びも全然してくれないしさ……あれっ、育児ってこんなに面倒だったっけ。


ところで、去年ルンバを買いました。
ルンバは、良いぞ。子守してくれるんだもん。
ちょっとキッチンに篭りたい、と思ったらルンバスイッチオン。
ティリーリリー♪の起動音に気付いて娘が寄っていく。
動くルンバ、追う娘、ベットの下に潜り込むルンバ、覗き込む娘……って感じで、結構長くふたりで遊んでくれる!
よく子供が数人いるお母さんが、子供同士で遊んでくれるから結構楽なのよ〜って言うのはこういうこと?!
本気で感動しながら、ルンバお兄ちゃん(ねぇちゃんかも)に娘を任せて家事やってました。
だから今回もルンバお兄ちゃんに出動してもらったのに、娘の反応はイマイチ……。一応一緒に遊ぶけど、すぐに追いついて、あろう事かルンバに乗っかり停止ボタンを押してしまう。あっという間に、兄であるルンバを越えてしまったようです。

だからわたしは娘と遊ぶために馬になったりアホになったりと結構大変でした。
一度夜中に全身が筋肉痛のような感じで動かなくて、それに寒くて目が覚めて「ああ、インフルエンザ移ったわ……」と思ったことがあったのだけど、朝起きたら何もなく、冷静に考えたらただの金縛りでした。

インフルエンザは、もう嫌だね。


posted by えむ at 13:55| Comment(0) | アメリカで妊娠〜育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。